スキンケア

インナードライ改善におすすめのプチプラクレンジング3選

おでこや鼻はテカるのに頬は乾燥していたり、

脂性肌用のスキンケアをしても効果がない人は「インナードライ」の可能性があります。

インナードライを改善するためには、洗顔とクレンジングを見直すことが大切なんです。

今回は、インナードライにおすすめのプチプラクレンジングを紹介します。

クレンジングを見直して、ツルすべ肌を手に入れましょう☆

 

Sponsored Link

インナードライとは?

インナードライとは、肌の表面は脂っぽいのに、内部が乾燥している肌のこと。

乾燥肌が進んでしまうことでインナードライを引き起こすといわれています。

肌のベタつきがあるため、脂性肌と間違われやすいのが特徴です。

「肌が脂っぽいから。」と、脂性肌用のスキンケア用品を使ってしまうと、さらに悪化してしまう可能性もあります。

 

インナードライを改善するために大切なこと

乾燥する季節

インナードライを改善するためにもっとも大切なことは、肌の乾燥を防ぐこと。

乾燥肌と同じように保湿をきちんと行うことが改善への近道となります。

ただし、乾燥肌と違って保湿だけをしているれば治るというわけではありません。

保湿をすると同時に、過剰に分泌された皮脂への対策も必要になります。

 

インナードライを改善したいなら洗顔とクレンジングを見直そう

インナードライを改善するため、1番最初にするべきことがあります。

それは、洗顔とクレンジングを見直すこと。

 

男性でも女性でも、洗顔は1日の中で必ず行う行為。

そして女性(男性も)はメイクをしている人が多いので、洗顔とともにクレンジングをしている人が大半ではないでしょうか。

 

クレンジングや洗顔後に、化粧水や乳液などで保湿をすることは大切です。

ただ、どんなに保湿力が高い化粧水を使っても、洗浄力の高い洗顔料やクレンジングを使っていてはインナードライは改善しません。

なぜなら、洗顔やクレンジングの時点で汚れだけでなく、うるおいや本来は必要な皮脂までごっそり取り除いてしまったら乾燥がさらに進んでしまいます。

洗顔やクレンジングで適度なうるおいや皮脂を残しておくことで、化粧水や乳液をつけたときにうるおいがアップします。

インナードライを改善したいなら、まずは洗顔やクレンジングを見直してみてくださいね。

 

インナードライ向けのクレンジングの選び方

勉強をする女性

インナードライの人がクレンジングを選ぶときに大切なことは、

肌にうるおいを残してくれる

汚れや余分な皮脂だけを落としてくれる

上記のことができるクレンジングを選ぶことです。

 

クレンジングと一言でいっても種類は様々。

ミルククレンジング、ジェルクレンジング、シートクレンジング、オイルクレンジングなどがあります。

その中でもインナードライに最もおすすめなクレンジングはオイルクレンジングです。

なぜオイルクレンジングがおすすめなのか、それぞれのクレンジングのメリットやデメリットと比較しながら説明していきます。

 

ミルククレンジング

ミルククレンジングのメリットは、洗い上がりがしっとりとしていること。

美容成分が配合されているものが多く、うるおいを守ってくれる商品が多いです。

デメリットは、メイクが落としづらいこと。

肌への負担は少ないですが、ポイントメイクや密着度の高いファンデーションは肌に残ってしまう場合があります。

 

ジェルクレンジング

ジェルクレンジングのメリットは、メイクとなじみやすく肌への負担を最小限にしてくれること。

ミルククレンジングと同様に、美容液成分などが含まれているため、うるおいも守りながら落としてくれます。

ミルククレンジングよりもメイク落ちも良いのが特徴です。

ただし、色々な成分が含まれているため、敏感肌の人には合わない商品もあるため注意が必要です。

 

シートクレンジング

洗い流し不要、いつでもどこでも手軽にメイクを落とせるのがシートクレンジングのメリット。

しかし、肌をこすってメイクを落とすため、肌への負担は大きくなります。

肌に必要なうるおいも落としてしまうため、インナードライの人には不向きのクレンジングと言えます。

 

オイルクレンジング

洗浄力が高く、濃いメイクでも比較的に落としやすいオイルクレンジング。

「メイクが落ちやすいってことは、乾燥が大敵のインナードライには向いていないのでは?」

と思われるかもしれません。

 

しかし、最近では成分にこだわり、肌にやさしいオイルクレンジングも販売されています。

インナードライの人に特におすすめなのが油脂系クレンジングオイル。

油脂系クレンジングオイルは、必要な皮脂やうるおいを残しながら、メイクや汚れはきちんと落としてくれます。

また、スルスルと肌の上を滑るようにメイクとなじませることができるので、肌への負担もほとんどありません。

 

油脂系クレンジングオイルを上手に使えば、インナードライ改善の近道になってくれること間違いなしです。

 

インナードライにおすすめの油脂系クレンジングオイル

成分にこだわった油脂系クレンジングオイルの中でも、価格が手ごろで人気の商品を紹介します。

 

おすすめ度NO1! おひさまでつくったクレンジングオイル

おひさまでつくったクレンジングオイル(別名 くまもんクレンジング)の主成分はコメヌカ油。

コメヌカ油は、ビタミンEがたっぷり。若返りのオイルとも言われています。

そして、抗酸化作用にも優れていて、アンチエイジングも期待できる成分が含まれています。

 

また、保湿成分としてスイセンジノリ多糖体が含まれています。

メイクや余分な皮脂を落としながらも、うるおいはキープしてくれる成分です。

クレンジングオイルなのに、サラッとしていて、肌に残りづらいのも特徴。

 

市販で販売されていないのが残念ですが、価格は送料込みで1500円前後。

おすすめ油脂系クレンジングオイルの中でも、最もプチプラ。

 

「オイル系のクレンジングは苦手。」という人でも挑戦しやすい商品です。

 

おすすめ度NO2! アルガンビューティークレンジングオイル(AGBクレンジングオイル)

アルガンビューティークレンジングオイルの主成分は、コメヌカ油とアルガンオイル。

アルガンオイルは、モロッコ南西部にあるアルガンの木から採取される希少価値の高いオイル。

 

ビタミンEだけでなく、オレイン酸やリノール酸も含まれています。

オレイン酸は、肌を乾燥や刺激から守り、肌をやわらかくしてくれることが期待できます。

また、リノール酸は肌にハリを与え、うるおいを保つ働きがあります。

インナードライの原因となる乾燥を防ぐだけでなく、美容効果も含まれたクレンジングオイルですよ。

角栓ケア用のクレンジングとしても最適です☆

関連記事 油脂系クレンジングオイルで角栓を撃退!毛穴レス肌を手に入れる方法

 

 

おすすめ度NO3!リマーユ クレンジングオイル

リマーユクレンジングオイルも主成分はコメヌカ油。

そこに馬油がプラスされたクレンジングオイルです。

 

馬油は人の皮脂に近い性質をもち、保湿や保護の効果が期待できます。

また、肌にうるおいを与えるだけでなく、バリア機能を高めたり、炎症をしずめたり、肌トラブルも予防します。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンも含まれているため、クレンジング後も肌が乾燥しづらいのも特徴です。

肌に優しい成分でできており、とにかく優しいクレンジングオイルと言えます。

 

ただし、メイク落ちは上記のクレンジングオイルよりも少ないので、ナチュラルメイクの方におすすめです。

 

まとめ

今回は、インナードライにおすすめのプチプラクレンジングを紹介しました。

 

インナードライを改善するためには、化粧水などの肌に「つける」ものよりも、

洗顔料やクレンジングなどの「落とす」スキンケアを見直すことが大切。

 

今回紹介したクレンジングは、お手頃価格のものばかりです。

高い化粧品を買う前に、まずはクレンジングを変えてみてくださいね。

インナードライを改善して、ツルツルすべすべのたまご肌を手に入れましょう☆

 

 

Sponsored Link

-スキンケア

Copyright© 大人キレイのレシピ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.