肌の悩み

ほうれい線はいつからできる?手遅れになる前に始めるべき対策!

 

すべての人の見た目年齢を左右する「ほうれい線」。

鏡に映る自分の顔にほうれい線があると、ため息をつきたくなってしまいますよね。

 

「10代、20代の頃はほうれい線はなかったのに、30代になったら気になるようになった。」

という女性が多いのではないかと思います。

しかし、30代になってもほうれい線がなく、綺麗な肌の女性もいますよね。

 

ほうれい線は一体、いつからできるのでしょうか?

今回は、ほうれい線はいつからできるのか、ほうれい線の原因や対策方法などを紹介します。

 

Sponsored Link

ほうれい線はいつからできる?

女性の大敵のひとつと言っても過言ではない「ほうれい線」。

ほうれい線がいつからできるのかというと、20代後半から30代が多いと言われています。

 

だからといって、必ずしも20代や30代でほうれい線が目立ち始めるということではありません。

中には、10代からほうれい線に悩む方もいるのです。

 

ほうれい線がいつからできるかは、スキンケアの方法、生活習慣などにより個人差があります。

年齢だけでなく、さまざまな原因絡んでいるのです。

 

ほうれい線の原因について、次の項目でくわしく見ていきましょう。

 

ほうれい線の原因は?

ショック

 

ほうれい線がいつからできるかは、スキンケア、生活習慣、肌の手入れの仕方によって変わります。

そしてほうれい線は、これから紹介する5つのことが主な原因になると言われています。

 

ほうれい線の原因1.肌が乾燥している

ほうれい線の原因の一つ目は、肌が乾燥している。

肌が乾燥していると、ハリや弾力が失われ、シワができやすくなります。

シワができやすくなるということは、ほうれい線もできやすいということです。

 

また、乾燥をすると肌がたるみやすくなります。

頬や口元の筋肉がたるむことで、ほうれい線が目立つようになるのです。

 

では、肌の乾燥がひどくなる年齢はいつからなのか。

それは、ほうれい線と同様に日頃のスキンケアや肌質によって個人差があります。

 

ほうれい線の原因2.紫外線が肌を壊す

肌のうるおいや、ハリ、ツヤを保つための成分として有名な「コラーゲン」。

 

肌にいいと言われているコラーゲンですが、実は「弱点」があります。

それは、「コラーゲンは紫外線に弱い」という弱点です。

 

紫外線を浴びることでコラーゲンが壊され、少なくなっていきます。

コラーゲンが少なくなると、肌のハリやツヤが失われ、ほうれい線ができやすくなるのです。

 

ほうれい線の原因3.顔の筋力の衰え

年齢と共に、顔の筋力は少しずつ衰えていきます。

特にほうれい線に影響が出やすいのは「口元の筋肉」

 

口元の筋肉が衰えると、口角が下がる、ほうれい線ができやすくなるなど「老け顔」の原因となります。

また、筋力の衰えから、笑った後にできたほうれい線が残りやすくなります。

 

ほうれい線の原因4.生活習慣が乱れている

ほうれい線のできやすさには、食生活も影響しています。

肌にとって大切な栄養素の「ビタミンC」。
ビタミンCは、ほうれい線対策になくてはならない存在。

なぜならビタミンCには、肌のハリや弾力を保つために大切な、コラーゲンの生成を助けてくれる役割があるのです。

しかし、脂っこい食事、糖分が多い食事ばかり食べていると、ビタミンCや肌に必要な栄養素が不足してしまいます。

栄養素が不足した肌は、ハリや弾力が低下。ほうれい線ができやすくなります。

 

また、睡眠不足もほうれい線に影響を与えます。

睡眠不足により肌のターンオーバーが乱れると、肌を再生する力がうまく働かなくなります。

再生機能が働かないことにより、肌が乱れ、ほうれい線ができやすくなるのです。

 

ほうれい線の原因5.骨格の問題

私たちの体は、一人ひとり肌質が違うように、骨格も一人ひとり違います。

10代の頃からほうれい線が目立つという場合には、骨格が影響していることも考えられます。

 

頬に脂肪が乗りやすい、皮膚がたるみやすい骨格の方がいます。

このような骨格の方は、ほうれい線が10代の頃から目立つ可能性が高くなります。

 

ですが決して、

「ほうれい線ができやすい骨格だからしょうがない。」

とあきらめないでください。

 

何をやってもムダだとあきらめてしまうと、今よりもほうれい線がひどくなってしまうこともあります。

適切なケアをすることで、今よりもほうれい線を目立たなくすることはできます。

 

ほうれい線対策はいつからすればいい?

カレンダー

「20代だから、ほうれい線対策はしなくても大丈夫。」

「30代だし、ほうれい線ができてしまったからもう手遅れ。」

 

結局のところ「ほうれい線の対策はいつからするべきなの?」と気になりますよね。

 

結論から言わせていただくと、ほうれい線対策をいつからするべきかという決まりはありません。

ほうれい線は、早いうちから適切なケアをすればするほど、目立たなくさせたり、できにくくすることが可能です。

 

いつからほうれい線対策をするのか悩んでいる人よりも、一日でも早くほうれい線対策を始めた人の方が、ほうれい線の悩みを解消することができます。

 

あなたが今現在、ほうれい線について悩んでいるのであれば、これから紹介する対策方法をすぐに初めてくださいね。

 

ほうれい線を防ぎたい!4つの対策方法

紫外線を防ぐ女性

これから、ほうれい線を防ぐための4つの対策方法を紹介します。

難しいことではなく、誰でもできる方法です。ほうれい線で悩んでいる方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

肌の乾燥を防ぐ

ほうれい線を防ぐためには「乾燥肌対策」が必須

肌の乾燥を予防してくれる化粧水や、美容液を使って肌ケアをしましょう。

【肌の乾燥を予防する成分】

  • セラミド
  • レチノール
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸など

これらの成分が配合されている化粧水や美容液を使うことで、ほうれい線を予防したり、目立ちにくくすることができます。

ほうれい線対策におすすめの化粧品を知りたい方は、こちらの記事でチェックしてくださいね☆

 

紫外線を防ぐ

紫外線はお肌の大敵!肌老化を進める原因になります。

 

私たちは紫外線を365日浴び続けています。

紫外線を浴び続けることで、いつの間にか肌へのダメージが蓄積されていきます。

ダメージが溜まった肌は、「シミやシワができやすくなる」「たるみやすくなる」などほうれい線ができる原因になります。

 

ほうれい線をできにくくするために、毎日必ず日焼け止めを使うようにしましょうね。

 

顔の筋力を鍛える

顔の筋力は年齢とともに低下していきます。

筋力が低下すると皮膚がたるみ、ほうれい線の原因となります。

ほうれい線をできにくくするために、顔の筋肉を鍛えることを毎日の習慣にしてみましょう。

 

顔の筋力を鍛えるためにおすすめなのは「あいうえお体操」。

あいうえお体操の方法は、口を大きく開けて「あ、い、う、え、お。」と声に出すだけ。

 

テレビを見ながら、家事をしながらなど、いつでもどこでも簡単にできます。

毎日続けることで、ほうれい線ができづらくなりますよ。

 

生活習慣の改善

生活習慣を整えることで肌に良い影響を与え、ほうれい線予防につながります。

 

バランスの良い食事を心がける

十分な睡眠をとる

適度に体を動かして血行を良くする

 

など、毎日の生活習慣を見直してみてくださいね。

 

早めのケアでほうれい線を防ごう☆

 

見た目年齢を左右する「ほうれい線」。

ほうれい線はいつからできるのか、と不安になっている間にも、肌の乾燥が進んだり紫外線が肌にダメージを与えています。

「いつから対策を始めようかな。」と悩まず、スキンケアや生活習慣の見直しを早めにすることで、ほうれい線を防ぐことができます。

まずは、スキンケア用品の見直しから始めてくださいね☆

 

 

Sponsored Link

-肌の悩み

Copyright© 大人キレイのレシピ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.