肌の悩み

30代でほうれい線がひどい!4つの原因と目立たなくする方法

「ほうれい線がひどくなってきた!」

30代でもできてしまう可能性があるほうれい線。

 

ほうれい線がある人、ない人では見た目年齢が大きく変わります。

 

30代でほうれい線がひどい人は早めに対処をしないと、さらにひどくなる可能性が!

ほうれい線がひどくなる原因を知り、適切な対処をすることで老け顔を予防しましょう。

 

今回はほうれい線がひどい原因やほうれい線を目立たなくする方法を紹介します。

 

Sponsored Link

30代でもほうれい線がひどい原因

 

肌の乾燥で老化が進む

肌が乾燥すると老化が進むといわれています。

「自分は大丈夫!」

と思っていても「隠れ乾燥肌」の場合もあるので注意が必要です。

 

20代から30代の方でも、肌が乾燥している方は意外と多いです。

 

肌が乾燥していると、ハリや弾力が失われます。
ぴーんとした肌のハリ、ぷるんとした弾力は若々しい肌にかかせません。

肌のハリや弾力がないとほうれい線ができやすく、顔が老けて見える原因にもつながるおそれがあります。

 

また、乾燥は肌がたるむ原因にもなります。

肌がたるむことで口元の皮膚が下がり、ほうれい線がひどくなる可能性があるので注意が必要です。

 

チェック

肌の乾燥はほうれい線だけでなく、老化など肌全体に影響をおよぼします。

 

紫外線が肌にダメージを与える

私たちの肌は、コラーゲンやエラスチンといったさまざまな成分から作られています。

 

特にコラーゲンは肌を若々しく見せるために大切な成分のひとつです。

 

しかし、「コラーゲンは紫外線に弱い」という欠点があります。

紫外線を浴びることでコラーゲンが破壊され、少なくなっていくのです。

 

コラーゲンが破壊されても、すぐ肌に影響が出るわけではありません。

紫外線を浴び続けることで、数年をかけてゆっくりと肌にダメージを与えるのです

30代までに紫外線対策ができていたかどうかによって、ほうれい線のできやすさに影響があるのです。

 

チェック

紫外線を浴びることで肌がダメージを受け、30代でもほうれい線がひどくなる可能性がある

 

顔の筋肉が衰えるとシワが増える

顔の筋肉が衰えることでシワが増えやすくなります。

特に口元の筋肉はほうれい線に影響しやすい部分です。

 

口元の筋肉が衰えると、口を開けたり笑ったりしたあとにほうれい線が消えず、残りやすくなってしまうのです。

 

チェック

筋肉は年齢とともに衰える。特に口元の筋肉はほうれい線と切っても切れない関係。

 

生活習慣の乱れが肌に悪影響を与える

食生活や睡眠などの生活習慣が肌にたくさんの影響を与えます。

 

暴飲暴食や食生活の偏りは特にNG!

 

肌にとって特に大切な栄養素はビタミンCです。
ビタミンCは肌のハリや弾力に必要な、コラーゲンの生成を助けてくれます。

脂っこいもの甘いものを食べ過ぎると、きれいな肌をつくるために必要なビタミンCなどの栄養素が不足してしまいますよ。

 

また、睡眠をしっかりとることで肌のターンオーバーが促されます。
夜更かしをせず、睡眠をしっかりとるようにしましょう。

 

チェック

生活習慣の乱れは、きれいになろうとする肌の再生能力を止めてしまう。

ほうれい線を目立たなくする!4つの方法

 

ほうれい線がひどい場合には早めの対処が必要です。

また、30代であっても肌によくない生活をしているとほうれい線がひどくなる可能性があります。

ほうれい線を目立たなくするにはどうしたらよいか具体的な方法を紹介します。

 

肌の乾燥を防ぐ

肌の乾燥を防ぐには毎日のスキンケアが重要です。

乾燥を防ぐスキンケア用品を選ぶときは、セラミドやレチノール、コラーゲン、ヒアルロン酸など乾燥肌に最適な成分が配合されているものを選びましょう。

 

<セラミド>
お肌の水分を蓄えて肌をうるおす。
外部からの刺激から肌を守る役割も。

<コラーゲン>
肌のハリ、弾力を保つ。

<レチノール>
肌を活性化し、コラーゲンを増やす。

<ヒアルロン酸>
保水力に優れ、肌の弾力とうるおいを保つ。

 

紫外線対策をしっかりと

夏だけではなく一年を通して日焼け止めを使いましょう。

今まで日焼け止めを使っていなかったという方も、ほうれい線がひどくなる前に毎日紫外線対策を行いましょう。

 

日焼け止めを選ぶときはSPFとPAに注目!

<SPF>
この数値が高くなるほど肌が炎症を起こすことを防ぐ。

<PA>
プラスがたくさんあるほど肌の弾力が失われることを防ぐ。

 

日焼け止めの中にも、コラーゲンやヒアルロン酸など保湿成分が配合されている商品があります。

保湿成分配合の日焼け止めを使うことで肌の乾燥も防いでくれますよ。

 

顔の筋肉を鍛える

30代になると顔の筋肉が少しずつ衰えていきます。
顔の筋肉を鍛える習慣を作るようにしましょう。

 

簡単に顔の筋肉を鍛える方法としておすすめなのが「あいうえお体操」

 

大きく口を動かして「あいうえお」と声に出します。
顔全体の筋肉に働きかけるように動かすのがポイント!

この体操は毎日続けることで効果がでますよ。

効果があらわれるまでの期間は最低でも1ヶ月ほど。

テレビを見ながら、家事をしながらなど、ちょっとした隙間時間に行うことで顔の筋肉を鍛えてみましょう。

 

 

生活習慣を改善する

私たちの体によい生活習慣は、肌にもよい影響を与えてくれます。

肌によい食べ物を食事に取り入れたり、睡眠をしっかりととったりしましょう。
また、適度に運動をすることで血行がよくなり、肌の活性化につながりますよ。

 

ほうれい線をなくして-5歳を目指そう☆

 

「ほうれい線がひどくなってきた!」

女性にとって「ほうれい線」があるか、ないかは大きな問題。

とくに30代の女性はほうれい線によって「見た目年齢」にかなり差が出てしまいます。

あるだけで老けて見えてしまう「ほうれい線」。

すでにほうれい線ができている人でも、今回紹介したようにスキンケアや生活習慣を改善することで目立たなくすることができます。

手遅れになる前に早めにほうれい線対策をおこないましょう。

Sponsored Link

-肌の悩み

Copyright© 大人キレイのレシピ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.