30代コラム

老けて見られるのはイヤ!老け顔に見られる5つの原因

 

年齢を聞かれて答えたときに

「えっ!もっと年上だと思ってた!」

と言われた経験はありませんか?

 

「落ち着いているから年上に見えたよ。」

 

なんて言われても、実年齢より老けて見られるのはとてもショックですよね。

だって、「いつまでも若く見られたい!」と思うのは当然のことです。

 

老けて見られる原因を知り、改善することで、その悩みを解決しませんか?

 

今回は老けて見られる5つの原因と3つの改善方法を詳しく紹介します。

 

Sponsored Link

老けて見られる5つの原因

 

老けて見られる5つの原因を紹介します。
自分に当てはまることがないか照らし合わせてみてくださいね。

 

髪型が古い

服に流行があるように、髪型にも流行があります。

「最新の流行を取り入れないと!」というわけではありません。

 

ですが、髪の切り方、結び方の流行はどんどんと変わっていきます。

 

「5年前から髪型がまったく変わっていない。」

 

という方は、老けて見られる原因になっているかもしれません。

 

メイクが合っていない

「老けて見えないようにメイクをばっちりしてます!」

と言うのはもってのほかです。

 

厚化粧をすればするほど老けて見られてしまいます。

 

いつ買ったかわからない口紅を使い続けていることも老けて見られる原因になっているかもしれませんよ。

 

顔は年を追うごとに少しずつ変化していくため、似合う色も変わっていきます。

そして、年齢にあったメイク方法が存在します。

 

「絶対にすっぴんの方がキレイなのに。」

 

と思われている人って意外に多いですよ。

 

ほうれい線やたるみが目立つ

ほうれい線や、たるみがあるのか、ないのかで見た目年齢がかなり変わります。

 

アニメやイラストに出てくるキレイな女性を思い浮かべてください。

その女性の口元にほうれい線を一本入れてみましょう。

 

ほうれい線を1本足すだけでかなりの老け顔になりますよね。

 

そのくらい、ほうれい線やたるみは女性にとって老けて見える原因になるのです。

 

肌にうるおいがない

若々しく見える人は肌にうるおいがあります。

 

その反対で肌が乾燥し、うるおいがないガサガサ肌は、実年齢より老けて見られる原因となります。

 

肌を花に例えて考えてみましょう。

 

道ばたに咲いている2つの花。

 

1つは誰が見てもきれいな花。
もう片方は元気がなく、今にもしおれそうです。

 

この2つの花の違いはずばり「水分の量」。

 

水分が行き渡り、うるおっている花はみずみずしくキレイ。

水分が足りていない花はシワシワになってしまっているのです。

 

肌にも花にもうるおいが大切なんですよ。

 

しみ、シワが目立つ

シミやシワは老け顔の象徴。

年齢を重ねることである程度増えるシミやシワは仕方がありません。

 

しかし、同じ年齢の人と比べてシミやシワが多いと老けて見られがちです。

 

シミやシワが目立つ人は、肌の手入れが不足しているように見えてしまうこともありますよ。

 

老けて見られることを予防する3つの方法

 

自分の髪型やメイクを見直す

雑誌や街を歩いている、自分と同じ年代の人の髪型を観察してください。

 

「この髪型ステキ!」

「これはちょっとオバさんぽいな。」

 

など気がつくことがたくさんあるはずです。

 

人は髪型を変えるだけで印象がかなり変わります。

 

そして、普段から髪の毛を結んでいる方は、結び方を変えるだけで雰囲気がガラッと変わります。

 

髪をまとめるときには、ギュッとまとめるのではなく、トップにボリュームを持たせましょう。

それだけでも若々しい印象になりますよ。

 

メイクも老けて見られるのを改善するためにとても重要です。

シミやシワを隠そうと厚塗りをしたり、顔色が悪いからとチークを濃くしたりすると老けて見られます。

 

老け顔にならないようにするには「ナチュラルメイク」が基本。

シミやシワの部分は厚塗りせず、コンシーラーで部分的に消したり、うるおい持続型のファンデーションを使うことがおすすめです。

 

アイブロウや口紅も「いかにも塗っています!」という感じにならないようナチュラルを心掛けましょう。

 

自分が持っている肌の力を最大限に引き出す方が、老けて見られることを予防することができますよ。

 

肌ケアをする

「忙しくて時間がない。」

「化粧水なら何でもいい。」

 

など肌ケアをサボっていると肌老化が進む危険があります。

肌老化を防ぐためには毎日の肌ケアが大切です。

 

老け顔に見られがちな人で共通する肌質は乾燥肌。

 

部分的にテカリが多い肌であっても、肌の中が乾燥しているインナードライの可能性もあります。

 

肌のうるおいを保つために、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが配合されている乾燥肌専用のスキンケア用品を使いましょう。

 

1日や2日で肌老化が改善するわけではありません。

しかし、肌に合ったスキンケアを続けることに意味があります。

 

自分に合ったスキンケアを早く始めれば始めるほど、その後の肌に大きな違いがでます。

 

これ以上老けて見られないように、早めに乾燥肌対策をしましょう。

 

いつでも笑顔を忘れない

老けて見られている人は顔が疲れていて、笑顔が少ないことも原因になります。

 

笑顔を忘れず、話をするときはできるだけ口角を上げ、ハキハキと話をすることを心掛けましょう。
そうすることで自然と若々しく見えますよ。

 

また、笑顔でいることによって、

 

「いつもニコニコしていて、感じがいい人だなぁ。」

と良い印象を与えることもできますよ。

 

老け顔を予防して若々しい顔に・・・☆

 

今回は老けて見られる5つの原因と3つの改善方法を詳しく紹介しました。

 

女性であれば誰しもが、いつまでも若々しく、キレイでいたいと思うものです。

今回紹介した老けて見られることを予防する方法は、ちょっと気にかけるだけでも変化が出るものばかりです。

 

「えっ!もっと年上だと思ってた!」

 

と言われないように自分の普段の行動やスキンケアをぜひ見直して見てくださいね。

Sponsored Link

-30代コラム

Copyright© 大人キレイのレシピ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.